【 地下194階 】愚者堂書店 カッカの2020年大当たり本レビュー

公開収録が楽しかった!
愚者の宮殿も6年目に入りました
カッカ、眼科で強がる

・娯楽読み物部門

「芝浜の天女-高座のホームズ」(中公文庫)
愛川 晶

・ライトノベル部門

「竜と祭礼 ―魔法杖職人の見地から―」(GA文庫)
筑紫一明

・海外SF部門

「マーダーボット・ダイアリー(上・下)」(創元SF文庫)
マーサ・ウェルズ

・ルポ部門

「売春島~「最後の桃源郷」渡鹿野島ルポ~」(彩図社文庫)
高木瑞穂

・学術書部門

「シンボルの哲学――理性、祭礼、芸術のシンボル試論」(岩波文庫)

置き手紙紹介(敬称略)

パンとハム フレディ太夫 デッカイノ・モミタイーノ三世 だっちゃー ヨシュア
やままん flat takumi イワトオ 沙風プラス

マスターはとにかく働いていた年末年始
次回はニゴリさんゲスト妖怪回「星と妖怪」

愚者の宮殿
愚者の宮殿
【 地下194階 】愚者堂書店 カッカの2020年大当たり本レビュー
/

コメントは受け付けていません。